その他 ライフスタイル 旅行・気分転換 英語

[おやつタイム] 和菓子 その1

2023-12-26

 

こんにちは、Rakulingoです。

 

僕は、和菓子がとても好きで、和菓子といえば、京都かなと。。🍡

老舗の本店が、いっぱいあるので、お散歩してみました!👟
(自転車利用しましたが、歩きでも可能です)

 

そしたら、「とらや」で、「お菓子のしおり」なるものをいただいたので、英語での説明もあるし、ちょっと英語の勉強をしてみようと思います!

いえい!
ルンルン

 

とらや「お菓子のしおり」

じゃん!

英語版↓

 

左側から、順に参りましょう!

 

Goooooooooooooo!
ルンルン

 

虎屋

Toraya

The wagashi maker Toraya was founded in the early 16th century in Kyoto where it later became a purveyor to the imperial court. It established a foothold in Tokyo in 1869, after the national capital was transferred there on the heels of the Meiji Restoration. Toraya has approximately 80 shops throughout Japan, in addition to a shop and tea room in Paris.

 

1文目

The wagashi maker Toraya was founded in the early 16th century in Kyoto where it later became a purveyor to the imperial court.

「The wagashi maker Toraya」で「和菓子メーカー虎屋」ですね。「とらやというメーカー」が「the」で特定できる対象となっているわけですね。(あー、あの「虎屋」ね。というふうに、共通認識できる感じ)

「maker」は、可算名詞で、不特定の「とあるメーカー」なら「a maker」になります。ここでは、「the maker = Toraya」で、「wagashi」は、英語には存在しないですが、和菓子という存在または概念を強調するために付け加えられ、イタリックで書かれています。

 

「The wagashi maker Toraya was founded in the early 16th century in Kyoto where it later became a purveyor to the imperial court.」は、簡単にすると、「The wagashi maker was founded.」で、受動態ですね。「found ~」は「 ~を創立する」です。つまり、「和菓子メーカー虎屋はできた。」となります。

 

そして、その後ろに、「in the early 16th century」=「16世紀初期に」とあり、これは文法上、副詞(=前置詞+名詞)の扱いになります。「16th」は、序数と呼ばれ、順番・番号を表します。

そして、さらに後ろに、「in Kyoto」=「京都に」とあり、これも副詞句(=前置詞+名詞)ですね。

 

その後ろにある「where it later became a purveyor to the imperial court」をみてみましょう。

ここの「where」は、関係副詞と呼ばれるもので、接続詞・副詞の2つの働きがあります。

 

接続詞なので2つの文章を結ぶかつ副詞なので結ばれた文章の前半部分を後半部分が修飾する

 

形は、「前半部分(先行詞)+where+完全文」です。「where~」以降を読んで、名詞の欠落がない(完全文)ということは、関係代名詞ではない。

そして、関係副詞「where」は、場所を表す副詞です。なので、「place」や「store」といった場所に関する名詞を先行詞に取ります。

 

さてここで問題。この「where it later became a purveyor to the imperial court」の先行詞はどれでしょう?
候補は3つ。「The wagashi maker Toraya」「the early 16th century」「Kyoto」

 

関係副詞「where」は、場所を表す副詞なので、「The wagashi maker Toraya」と「Kyoto」のどちらかですね。

ヒント:「a purveyor」は「(食料などの)調達人、御用達」です。

ということは、ここでの先行詞は、「The wagashi maker Toraya」ですね。

 

「The wagashi maker Toraya where it later became a purveyor to the imperial court」=「のちに皇室の御用達となった和菓子メーカーとらや」というふうになります。

「it later became a purveyor to the imperial court」は、「it」=「The wagashi maker Toraya」で、SVCですね。「A become B」=「AがBになる」ということで、「The wagashi maker Toraya」=「a purveyor」の関係です。

 

どうして、先行詞と関係副詞が離れたところにあるのでしょう

  1. そのまま「where~」を「Toraya」に繋げて書くと主語が長くなります。長い主語はなんか不恰好で避けられる傾向あり。

  2. また英語は、前から後ろに情報を拾っていくので、「where it later became a purveyor to the imperial court」を最後に書くことで、時系列を理解しやすくしています。「later」が効いていますね。

 

つまり、前からぶつ切り情報を拾うと「The wagashi maker Toraya was founded / in the early 16th century / in Kyoto / where it later became a purveyor to the imperial court.」は、「和菓子メーカー虎屋はできた/16世紀初期に/京都で/のちに皇室の御用達となった」という文ですね。

もし、そのまま「where~」を先行詞に直結して前で書くと「The wagashi maker Toraya / where it later became a purveyor to the imperial court / was founded / in the early 16th century / in Kyoto.」「和菓子メーカー虎屋はできた/のちに皇室の御用達となった/16世紀初期に/京都で」となり、少し時系列がゴチャゴチャになりますね。まず、「できた」からの「なった」につなげる方が、情報処理しやすいです。

 

okay!
パヤパヤ

 

2文目

It established a foothold in Tokyo in 1869, after the national capital was transferred there on the heels of the Meiji Restoration.

前半部「It established a foothold in Tokyo in 1869」は、SVOです。Sは「It」、Vは「established (establish ~: ~を設立する)」、Oは「a foothold (足掛かり)」です。
「It それ」は、全文の「The wagashi maker Toraya」ですね。「in Tokyo」と 「in 1869」は、副詞扱いで、意味はそのまま。

 

後半部「, after the national capital was transferred there on the heels of the Meiji Restoration」というふうに、コンマの後、文が続いています。
ここの「after」は接続詞で、「It ~ 1869」と「the national ~ Meiji Restoration」を繋いでいますね。

 

「the national capital was transferred there on the heels of the Meiji Restoration」は受動態です。

「the national capital」=「首都」
「transfer ~: (人や物の場所)を移す」
「there: そこに (副詞)」
「on the heels of ~: ~のすぐ後に続いて」
「the Meiji Restoration: 明治維新」

 

「the national capital was transferred / there / on the heels of the Meiji Restoration」は「首都は移された/そこに/明治維新の後」で、「そこ」は、全文の「東京」ですね。

 

おっけー
パヤパヤ

 

3文目

Toraya has approximately 80 shops throughout Japan, in addition to a shop and tea room in Paris.

 

前半部「Toraya has approximately 80 shops throughout Japan」は、SVOです。Sは、「Toraya」、Vは「has (have ~)」、Oは「approximately 80 shops」です。「approximately: だいたい」「throughout Japan: 日本中に」

後半部「in addition to a shop and tea room in Paris」は、副詞句です。「in addition to ~: 〜に加えて」という前置詞(句)+「a shop and tea room in Paris」という名詞(句)

 

ということで、ぶつ切りで読むと

「The wagashi maker Toraya was founded / in the early 16th century / in Kyoto / where it later became a purveyor to the imperial court. / It established a foothold / in Tokyo / in 1869, / after the national capital was transferred / there / on the heels of the Meiji Restoration. / Toraya has approximately 80 shops / throughout Japan, / in addition to a shop and tea room / in Paris.」

「和菓子メーカーとらやはできた/16世紀初期に/京都で/のちに皇室の御用達となった。それは足掛かりを作った/東京に/1869に/首都は移された/そこに/明治維新の後。とらやはだいたい80店舗ある/日本中に/ショップと茶室に加えて/パリの。」

 

調子はどうですか?
Rakulingo先生

 

和菓子について

About Wagashi

Wagashi refers to Japanese confections which have their origins in ancient times. Rooted in a deep love of nature and seasonal changes, the unique aesthetic of the Japanese people gave birth to wagashi. So deeply bound is wagashi to daily life in Japan that there is a confection for almost every seasonal festival and every milestone in an individual's life.

 

1文目

Wagashi refers to Japanese confections which have their origins in ancient times.

「refers to ~: ~のことをいう」
「a confection: 糖菓」
「an origin: 起源」
「ancient times: 古代」

 

「Wagashi refers to Japanese confections」は、SVOです。意味的にも実質SVC「Wagashi = Japanese confections」

 

この後に、「which have their origins in ancient times」が続きますが、読んでて「あれ?」となりましたか?

「which」と「have」の間に、主語(名詞)の欠落がありますね。

はい!この「which」は、関係代名詞です。

難しく考えない!!!!!

関係代名詞ということは、名詞です。関係とは、何かと何かを関係させている。
先行詞と追加説明したいことを繋げている。以上

 

先行詞は、「Japanese confections」

追加説明したいことは、「(主語=先行詞) have their origins in ancient times」

つまり、前から読むと、「和菓子とは日本の糖果のことを指します。(その日本の糖果は、)古代に起源を持っています。」

 

「Wagashi refers to Japanese confections. Japanese confections have their origins in ancient times.」のように、2回も同じ名詞を連続で言うのはめんどくさい。おっけい。繋げたろ。関係代名詞や。

「Wagashi refers to Japanese confections. Japanese confections have their origins in ancient times.」

「Wagashi refers to Japanese confections which have their origins in ancient times.」

意訳「和菓子とは日本の糖果のことを指し、その起源は古代にまで遡ります。」

 

英語は、前から後ろに情報を付け加えていく!前から順に読んで、スッと情報がつながっていく。関係代名詞は、追加説明をするため。

 

コツコツ
旅人

 

2文目

Rooted in a deep love of nature and seasonal changes, the unique aesthetic of the Japanese people gave birth to wagashi.

「be rooted in ~: ~に起源を持つ」
「aesthetic: 審美眼、美学、美学的思想」
「give birth to ~: ~を生み出す」

 

前半部「Rooted in a deep love of nature and seasonal changes,」は、分詞構文と呼ばれるものです。前から読んでいて、「あれ?」と違和感があると思います。完全文ではないですね。主語がありません。じゃあ、どこにあるの?「きっと、この続きにあるだろう」

と言うわけで、

後半部「, the unique aesthetic of the Japanese people gave birth to wagashi.」をみると、完全文。いい感じ。ピリオドで終わってるし、この中にあるはず。「the unique aesthetic of the Japanese people」と「wagashi」のどっちかだろう。意味的に前者だな。「日本人の独特な美的感覚が和菓子を生んだ。日本人の独特な美的感覚によって和菓子は誕生した。」

 

「The unique aesthetic of the Japanese people is rooted in a deep love of nature and seasonal changes, and the unique aesthetic of the Japanese people gave birth to wagashi.」

繰り返すのめんどくさいな。よし、省こう。

The unique aesthetic of the Japanese people is rooted in a deep love of nature and seasonal changes, and the unique aesthetic of the Japanese people gave birth to wagashi.」

このほうが、文章として、スッキリした感じがする。(のは気のせいか。。。?)

 

にゃっ!
旅猫

 

3文目

So deeply bound is wagashi to daily life in Japan that there is a confection for almost every seasonal festival and every milestone in an individual's life.

これを、前から読んで、スッと情報が入った人は、Goooooooooood!!!!!

 

「so ~ that SV」=「とても〜なのでSV」

「Wagashi is so deeply bound to daily life in Japan that there is a confection for almost every seasonal festival and every milestone in an individual's life.」

So deeply bound is wagashi to daily life in Japan that there is a confection for almost every seasonal festival and every milestone in an individual's life.」

 

文頭に「so」が来て、倒置❗️

パヤパヤ
WTF!? なんでそんなことするの???
倒置はたいてい何かを強調するのが目的です
Rakulingo先生
ルンルン
ちゃんと目的があるのね
Ummmmmmmmmmmmmm
パヤパヤ

 

冒頭一発目に「So: とても」と言って、「とても〇〇なので」の「〇〇」を強調したい。
「まーーじで〇〇だから、、」みたいな感じかな。

 

「bind ~: ~をくっつける (過 bound ~)」日本語の「バインド」ですね
「daily life: 日常生活」
「there is/are ~: ~がある」
「almost every: ほとんど全ての」
「a milestone: 節目、重要なポイント」
「individual: 個々の」

 

「Wagashi is so deeply bound to daily life in Japan that there is a confection for almost every seasonal festival and every milestone in an individual's life.」
意訳「和菓子は日本の日常生活にとーても根付いているので、ほとんど全ての季節行事や人生にとっての重要な節目を彩るために和菓子は存在する。」

 

和菓子食べたいいいいいい
ルンルン

 

羊羹

Yokan

Yokan is a bar of gelled sweet bean paste made chiefly of azuki beans, sugar, and agar. With a long history, it is one of the most traditional of Japanese confections.

 

1文目

Yokan is a bar of gelled sweet bean paste made chiefly of azuki beans, sugar, and agar.

「gelled: ゲル状の」
「A of B: BのA」
「sweet bean paste: あんこ」
「(be) made of ~: ~でできた」
「chiefly: 主に」
「agar: 寒天」

「Yokan is a bar」はSVCで、「羊羹はバーです」

「a bar of gelled sweet bean paste」は、「ゲル状のあんでできたバー」

「paste made chiefly of azuki beans, sugar, and agar」は、「主に、あずき豆、砂糖、寒天からなる」

 

2文目

With a long history, it is one of the most traditional of Japanese confections.

「with ~: ~とともに (前置詞)」
「one of the most ~: 最も~の一つ (最上級)」
「traditional: 伝統的な」

「長い歴史から、それは、最も伝統的な日本の和菓子の一つです。」

 

はてな

「the most traditional of Japanese confections」で「of」は不要と思われます。聞いてみます。

 

!?
旅猫

 

最中

Monaka

Monaka is a classic confection in which azuki bean filling is sandwiched between two crisp, light-as-air wafers made from sticky rice flour.

「classic: 伝統的な、古典的な」
「filling: 具」
「sandwich ~: ~を挟む」
「between A and B: AとBの間に」
「crisp: (食べ物の表面が)堅いが砕けやすい、サクサクした」
「light-as-air: 空気のように軽い」
「a wafer: ウエハース」
「sticky: 粘り気のある」
「rice flour: 米粉」

 

「Monaka is a classic confection」は、SVCで、「モナカは、古典的な和菓子です」

「in which」=「関係副詞 where」
例「This is the house in which I live.」=「This is the house where I live.」

この「which」が関係代名詞だと思い、「in which azuki ~」以降を読んでも、何も欠落してる様子無し。てことは、完全文。てことは、これは「関係副詞のwhere」

「azuki bean filling is sandwiched between two crisp, light-as-air wafers made from sticky rice flour.」
「あずき豆が、粘り気のある米粉からできたサクサクした空気のように軽いウエハースに挟まれている」

 

前から順にイメージを繋げて読もう
Rakulingo先生

 

生菓子

Fresh Japanese Sweets

These highly artistic creations are typically served at tea ceremonies and special events. They are made with meticulous attention to flavor, seasonal motifs and, of course, visual beauty.

「artistic: 芸術的な、趣のある」
「typically: 典型的に、通常は」
「serve ~: (食事・飲み物)を出す」
「meticulous: 極めて注意深い」
「attention: 注意」
「a motif: 主題、モチーフ」

 

1文目

These highly artistic creations are typically served at tea ceremonies and special events.

「These highly artistic creations are typically served」は受動態ですね。

 

2文目

They are made with meticulous attention to flavor, seasonal motifs and, of course, visual beauty.

「They are made」も受動態ですね。
「with meticulous attention to ~」で、「~に対しとても注意深く」

 

お腹減ってきたー
パヤパヤ

 

キー素材

Key Ingredients

Forming the basis for bean paste, an indispensable ingredient in wagashi, azuki beans are found in a wide array of sweets.

「form ~: ~を形成する」
「an ingredient: 素材」
「indispensable: 必要不可欠な」
「an array: 配列、群」

 

結論から言うと、「Forming the basis」の「forming」は分詞で、「Forming the basis for bean paste, an indispensable ingredient in wagashi」は、分詞構文です。

なぜか?

「Forming the basis」を主語(動名詞からなる名詞句)として、そのまま読んでも、後に「azuki beans are found in a wide array of sweets.」と言う完全文が続いて、「Forming the basis ~ wagashi,」が宙ぶらりんに浮いてしまうからです。ということは、この部分は、副詞的な感じで独立して存在する。。。分詞構文だ

Azuki beans form the basis for bean paste, and azuki beans are found in a wide array of sweets.」

form the basis for bean paste, and azuki beans are found in a wide array of sweets.」

Forming the basis for bean paste, azuki beans are found in a wide array of sweets.」

 

「名詞, 名詞」のコンマは「同格のコンマ」で、並列して言い換え説明的なことを言います。つまり、「bean paste = an indispensable ingredient in wagashi」となり、「和菓子において欠かせない素材であるあんこ」ということになります。

 

文章を書くときに、分詞構文を使うと、全体的にスッとスタイリッシュな感じになります。なので、読むときに、「不完全文が浮いている」=「分詞構文か?」と考えてみましょう。意味上の主語を探すことになります。詳しくは、分詞構文の記事をチェックしてみてください。

 

ほええええ
ルンルン

 

 

和菓子屋さん本店巡り

京都に本店がある和菓子屋さんはいっぱいあるようです🍡やった

今回は、とあるエリアを中心をいくつか回ってみました。

京都御所近辺

 

おさんぽ👟
Rakulingo先生

 

とらや

「とらや」の本店は、京都御所の真横にある「とらや 京都一条店」です。

虎屋といえば、羊羹!

 

「とらや 京都一条店」では、喫茶店があるので、その場で、「和菓子と茶」セットなどを楽しめます!

公式サイトでは、「虎屋菓寮 京都一条店の混雑状況」で、待ち組数がわかります。

注意ポイント

アクセスがいいことも相まって、とてもとても混みます

 

 

 

 

俵屋吉富

「俵屋吉富」は、「もなか」が有名ですね!

本店と烏丸店と小川店があります。

本店は販売のみで、烏丸店と小川店に喫茶があります。

烏丸店には、京菓子資料館があります。

本店↓

小川店↓

 

 

鶴屋吉信

「鶴屋吉信」での、僕の特にお気に入りは、「柚餅ゆうもち」と「青苔せいたい」です。

 

 

カウンター越しに、生菓子を作ってもらえます。

 

 

塩芳軒

「塩芳軒」は、建物が、京都市の歴史的意匠建造物・景観重要建造物・歴史的風致形成建造物に登録されています!

特にお気に入りは、「京鹿の子」という生菓子です!全部好きです

 

建物も店内の雰囲気も全部好き!

 

 

嘯月

「嘯月」は、完全予約制

作り置きはしない主義ということで、予約分のみを作るというスタイル。受け取り時間に合わせて、作ってくださるそうです。

僕は、知らずに行って、食べれませんでした。。。次こそ!

中で食べるところはありません。

注意ポイント

事前予約!前日まで!

 

 

 

出町ふたば

常に行列「豆大福」

見切れていますが、僕は最後尾で、左側に10人ほどいます。これは、少ないそうです。

 

 

 

本家玉壽軒

大本山南禅寺御用達!

購入のみです。

 

 

これからも和菓子を

☘️

いつもありがとうございます

そして、和菓子さん、ありがとうございます

☘️

Thank You

 

-その他, ライフスタイル, 旅行・気分転換, 英語
-, ,